So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央 ブログ KOKORO 最新1月でテレビ番組 インタビュー出演を告知! [テレビ]

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で
乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央
(34)が1月5日、自身のブログ「KO
KORO」を更新。1月9日に日テレ系で
放送される特番『市川海老蔵に、ござりま
する』(後22:00~)に出演すること
を告知した。


1月4日のブログ「KOKORO」では、
『気合』のタイトルで二ヶ月ぶりに化粧を
したことを報告。「朝から緊張していまし
た」と記し、インタビューを受けていたこ
とを明かしていた。


そして、最新となった5日の更新で、
「昨日、お話をさせて頂いた番組は、1月
9日、日テレ22時から23時半放送の特番
『市川海老蔵に、ござりまする』です」と
番組名を報告。


今回は入院中のインタビューとなったが、
「特別なことではありません。もちろん、
久しぶりなので、気合いは必要でしたが笑。
毎年答えてきたインタビューです。なので、
今年もいつも通り、番組の中で、私が受け
たインタビューも少し放送されます」など
とつづっていた。




Sponsored Link




小林麻央 ブログ KOKORO 最新1月でテレビ番組の出演を告知



現在、再入院中の小林麻央が自身のブログ
「KOKORO」を更新。最新となった
1月5日の更新で、9日、日テレ系22時
から23時半放送の特番『市川海老蔵に、
ござりまする』に出演することを報告した。


久しぶりのテレビ出演を決めた理由は、
夫・市川海老蔵が年末年始のテレビ番組で
インタビューに応じているのを見て、自分
に関することも何でも答えている姿を見て、
申し訳ない気持ちになったからとのこと。


「私にも何か少しでもできることがないか
なと、思った時に、主人の密着番組のこと
が浮かびました」と出演を決意したという。


『市川海老蔵に、ござりまする』は、海老
蔵一家に密着したドキュメンタリー特番。
小林麻央は「結婚前からずっと密着をして
頂いており、私たち家族にとっての軌跡も
あり思い入れのある番組」と語る。


今回は入院中のインタビューとなったが、
海老蔵は4日に自身のブログでインタビ
ューのことに触れ、「今日はマオの希望で
今年の密着番組のインタビューをしたそう
です。どうだったのか?私も内容をしらな
いんです、密着私も見るの楽しみです」
と明かした。




Sponsored Link




特番『市川海老蔵に、ござりまする』の詳細



小林麻央は自身のブログ「KOKORO」
の最新となった更新で、特番『市川海老蔵
に、ござりまする』に出演することを報告。


久しぶりのテレビ出演に緊張したようで、
最後は「密着番組のスタッフの皆様には
気持ちを汲んで見守って頂き、感謝しており
ます」とつづり「今年の『市川海老蔵に、
ござりまする』もぜひご覧くださいネ」と
呼びかけた。


今回の放送は市川海老蔵一家の密着第4弾。
家族の絆・夫婦の愛を描く。


番組の詳細は以下の通り

●日テレ海老蔵取材班だけが見ていた
「1年8か月」

麻央夫人との結婚以来海老蔵を追い続けて
いる日テレの密着取材班。しかし海老蔵は
一番近くで撮影する我々にも麻央さんの病
を隠し続けた。日々、普段通りの顔でカメ
ラの前にいた海老蔵。その時、家族に何が
起こっていたのか?新たに明らかになった
事実をもとに、検証する。

●日本中が注目した「がん公表会見」…
その舞台裏での葛藤

麻央さんのがん報道の朝、取材班は海老蔵
の自宅に呼び出された。記者会見に向かう
車内で、海老蔵が初めて我々に真実を語っ
た。日本中が注目したあの会見の直前、
海老蔵は何を思い、何と戦っていたのか。
我々だけが見た、激動の「あの日」の裏側。

●「守りたい…」いま、初めて語る麻央夫
人への思い

会見後、公の場に立つたびに尋ねられる、
妻・麻央さんに関する質問。海老蔵は多く
を語ってこなかったが、今回、海老蔵が
我々のカメラだけに初めて妻・麻央さんへ
の思いを語った。試練と戦う夫婦の「絆」、
そして家族を守るための「決意」に、ロン
グインタビューで迫る。

●人生初!海老蔵が家族と過ごした「夏休
み」に密着

この夏、襲名以来初という1か月もの長期
休暇をとった海老蔵。そこには、闘病中の
麻央夫人の分も、子供たちと過ごす時間を
大切にしたいという願いがあった。親子の
散歩、食事、お出かけの日々。そこで我々
が見たのは、舞台の上とは全く違う、
“イクメン”海老蔵の素顔だった。

●中東、ニューヨーク…世界を駆けた海老
蔵の2016年

2016年の海老蔵は精力的に世界を駆け
まわった。2月に訪れた中東のUAE
(アラブ首長国連邦)、3月にはニュー
ヨーク・カーネギーホールで自主公演を
敢行。その胸には、世界を舞台に歌舞伎を
文化として根付かせたいという思いが
あった。異国の地での新たな挑戦に独占
密着。






Sponsored Link



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: